18.腰痛、喘息、うつ症状等

 

I・H様 45才男性 不動産管理業

 

〇どの様な症状でご来院されましたか?

整形外科、接骨院、整体、カイロプラクティック等にかかりましたが、腰痛がなかなか治らず、知り合いの紹介でこちらの治療院にたどり着きました。現在は予防の為に腰の治療を続けながら喘息、緑内障、鬱症状にも効果があると聞き、主にそれらの治療を受けています。

 

〇治療の経過やご感想など等ご自由にお書き下さい。

腰痛の中でも特にギックリ腰になった時に鍼の治療の効果をとても大きく感じました。そのギックリ腰の為に歩くのもつらい状態になってしまい、日常生活に支障がでてしまうことがありました。しかし鍼治療を受けたところ1,2回の治療で痛みが取れ、立ち上がる、起き上がる等の動作も出来るようになり、その後何度か治療をして頂くことで痛みがまったくなくなり日常生活を送れるようになりました。

 

喘息に関しても鍼やお灸の治療により息苦しさがなくなっていき、苦しくて眠れなかったのが良く眠れるようになりました。医師から処方された薬はもちろん服用しますが、鍼治療をすることで治りが早く、喘息で受ける身体への負担も少なく感じます。

 

緑内障に関しては、鍼治療を受けることで、一時期高かった眼圧が現在は落ち着き、特に大きな問題がなく眼科の検診を続けながら、経過を見守ることができています。

 

うつ状態で精神的に落ち込みがある頃に鍼治療が効果があると教えてもらい、治療をし続ける中で呼吸が落ち着いていくと共に気持ちも落ち着いていき、常に頭の中がどんよりした重さがあったのが、晴れやかになっていったのを感じました。段々と心の余裕も生れていき、何かをしてみようという意欲が湧いてくるようになり、前向きな気持ちになっていくという体験をさせて頂きました。

鍼やお灸の治療をしてもらう時よく感じることとして、自分が気になったり、痛みを感じるところを治療してもらうと、まったく違う箇所が楽になったりすること(例えば腕や手に違和感を感じることを伝え、それらの箇所に鍼を指したりお灸をするとお腹の緊張が取れたり等)が多々あり、鍼灸の奥深さを知ることができています。

これらのような体験をさせて頂いく中で自分にとってはこちらの治療院は心と身体の支えになっていると感じていますし、東洋医学の奥深さも同時に感じさせて頂いています。                                      

もし鍼治療を迷われている方がいましたらこちらの治療院に足を運んでいただき、気になるところを話されてみたら良いかと思います。親身に接してもらう中で、気になる身体の不調の改善につながることとなるでしょう。

私はこれからも生活の一部として鍼治療を受けていきたいと思っています。ありがとうございました。