自律神経失調症(パニック障害)

・概要

そもそも自律神経とは人の命を保つために最低限必要な内臓器官の働きを自動的に調整している神経系統のことで、中枢は脳の視床下部にあります。例えば瞳孔の開閉調節、涙・唾液・汗の分泌・心臓の拍動や血圧、脈拍の維持・気管支の調節・胃腸の働きなどが自律神経のコントロールによっています。

自律神経は睡眠中でも働き生命の維持に当たっていますが、実は体の内外の変化に応じて過敏に反応してしまうという一面があります。例えばホルモンの変動や精神状態、いわばちょっとした気分の変調にも関係があります。自律神経の働きが過剰になったり、鈍くなったりして不安定になっている状態が自律神経失調症です。

症状は疲れやすい、だるさ、のぼせ、冷えを始め、めまい、頭痛、手足の痺れ、立ちくらみ、動悸、せき、食欲不振、胃腸障害、頻尿などがあります。色々な症状が長期に渡って出ているのに、内臓の病気がなにも見つからない。中には「不定愁訴」と云われるように、訴える症状が頻繁に変わる人も珍しくありません。

病院では先ず第一に何らかの特定の疾患がないかどうか良く検査することになります。血液、尿、各種画像診断等です。それでなにも見つからない時に「自律神経失調症」と診断されます。症状に従って対処療法的な薬物療法がなされる場合もありますが、多くはさほどの効果もなく、生活習慣の改善などの指導も行われることがあります。

 ・治療

 漢方鍼治療は脈診を中心とした独自の東洋医学診断を行った上で不快な症状を治療していくものです。西洋医学の診断では治療法の見つからない自律神経失調のような病気こそ、鍼灸が真価を発揮します。このような病気はまず体全体に目を向けることが大切です。つまり睡眠・食欲・排便です。(女性であれば月経症状にも)この基本的な生理現象を正常化することが問題解決のカギになります。鍼治療を行うと直ちに体調は変化します。張り詰めた緊張が緩み、滞っていた細胞の中の疲労物質が放出され、深い新陳代謝が起きて眠くなります。大抵の方はその日は久しぶりにぐっすり寝た、と感じるようです。寝て起きたら自然な排便があり、気持ち良くお腹がすいてきます。こうした状態になれば既に当初の不快な症状は半ば緩解しているものです。同時に頑固で不快な症状に対して、効果的なツボを使った治療を併用していきます。ぜひ一度ご来院下さい。

 「パニック障害」も自律神経失調の一つです。狭いところや人の多いところ、特定の緊張しやすい場面になると動悸、胸苦しさ、強い不安感に襲われてしまう症状です。病院では薬物療法が中心ですが、さほどの効果がないか、一時的には効果があっても向精神薬を長期に服用することでかえって体調を崩してしまうものです。漢方医学では古来こうした症状を「奔豚気病」として診断し治療の対象としてきました。当院でもパニック障害は多くの成功例がありますので、是非ご相談下さい。

 ・養生

・自律神経には交感神経と副交感神経が有りますが、我々が昼間仕事をする時は交感神経優位で活発な精神、肉体の活動を行っており、夜寝るときは副交感神経優位となって体のメンテナンスを行います。この交感神経と副交感神経の切り替わりが悪い状態が自律神経失調症である、という見方があります。つまり夜寝る時になっても副交感神経優位にならず、体のメンテナンスが行われなくなっているのです。その原因はストレスである場合が多いのです。自律神経はストレスに対して敏感に反応し、過度に緊張することが原因で働きが悪くなります。このことを理解してできるだけストレスから遠ざかり、リラックスする時間を取るよう心掛けてください。早起きをして朝日を浴びて散歩をすると自律神経の回復によい効果があります。夜更かしは悪い影響があります。

 入浴の際にお湯と冷水を交互に浴びる「温冷浴」を実行する事は交感神経と副交感神経の強制的な切り替えを促すことになりますので、熟睡を促し、健康を回復する良い助けとなります。温冷欲ができなければお風呂から上がる際に手足にいっぱい水を掛けるだけでも効果が出ます。詳しくは「温冷浴」で検索して調べてみて下さい。https://minacolor.com/parts/7/articles/2409/

 食事も大切です。ストレスは胃の働きを悪くします。逆に胃が悪い人はストレスに弱くなります。自律神経失調の人はまず「腹八分」を心掛けて下さい。お腹いっぱいに食べると胃腸に血が集まりすぎて、交感神経優位の状態が長引き体を疲れさせます。「腹八分」を心掛けると副交感神経優位になりやすく、十分な休息を得る事ができます。

一番効果的なのは夜の食事です。腹八分はもとより白砂糖食品、体を冷やす南国のフルーツやヨーグルトを避け、就寝の3時間前までに食事を終えて下さい。逆に就寝直前まで飲食をして胃を冷やすものでお腹をいっぱいにしては、質の良い睡眠など取れるはずもないのです。

 冷暖房はほどほどに使いましょう。冬の寒気、夏の暑気に当たって体温の調整をするのも自律神経の大切な働きです。現代的生活で夏の冷房、冬の暖房を過度に用いると、体温調節の働きが衰え、ひいては自律神経の働きが全般的に衰えます。無理をする必要はありませんが、必要以上に冷暖房器具に頼る生活は健康を損なう生活習慣なのです。

 精神的にも何時までも過去をグズグズ後悔したり、未来の事を先回りしてあれこれ心配したりしない事です。人はこういう精神態度でいると非常に疲れてエネルギーを浪費してしまいます。過去は既に過ぎ去り、未来はまだ来ていない。「今に生きる」という態度が命を輝かせ、元気回復への王道であると心掛けて下さい。