経絡図

作業台の前に経絡図を張りました。

工事前はもっと大きな図をベッドサイドに貼っていましたが、あれではちょっと不便です。

A4の本から拡大コピーで大きくしたものを額に入れてみました。

経絡は主に14本です。この14本の流れを整える事が我々の治療の根本です。

 

 

 

 

不妊症のページを作りました

不妊症のホームページを立ち上げました。

トップページのサイドバーにリンクを張りましたのでご覧になって下さい。

自然妊娠を目指す方、高度生殖医療の確率を上げたい方の鍼灸への期待はここ数年大変大きなものがあります。

泉堂鍼灸院でも開業以来この分野で多くの経験を積んできました。こうした分野での鍼灸からの解説なども載せています。

患者様の声も少しづつお寄せて頂いています。

また不育症、妊娠中のトラブル、出産後の体の不調にも照準を当てた解説も合わせて書いていこうと思っています。

ページ右側のサイドバーにリンクを張ってますので、そちらからご覧になって下さい。

 

 

ポスター「アルジャントゥイユの赤いボート 1875年」

内装を新しくしたので、壁に掛けている絵も新しくしました。

クロードモネの「アルジャントゥイユの赤いボート 1875年」です。

ボートの赤と空の青がさわやかです。

ポスターはここのサイトで

http://www.allposters.co.jp/

額はこちらのサイトです。

http://touo.ddnn.jp/

東欧商事さんの額はとてもしっかりしているのに値段はとてもリーズナブル。

東欧からの輸入品でしょうか?

内装工事終了

 

 

ゴールデンウイークを利用して内装工事をしました。

一部壁材が調達できず、後日再工事となった部分もありましたが、他は全て予定通り終わりました。

玄関には靴履き替え用の腰掛けも作りました。

少し高めかもしれませんが、靴の着脱の際にお使い下さい。

側の棚はスリッパ用です。

ここには靴を入れないで下さい。脱いだ靴は床面のどこでも自由において構いません。

腰掛けの下にもスペースがありますのでどうぞお使い下さい。

玄関の脇に小机があります。当院のパンフレット、しおり、名刺、文書の配布など有りますのでご自由にお持ち下さい。

壁材はセラミックのタイルと珪藻土を多用しました。セラミックはリクシルの「エコカラット」です。調湿、保温、臭いとり、空気の浄化などに優れた機能があるようです。

珪藻土も同様の働きを期待して治療院の壁面に広く用いています。

心なしか早くも空気がきれいな気がします。

玄関から治療室への手すりも新調しました。足下の悪い方はお使い下さい。

おトイレの内装も新しくしました。手すりも同様新品です。トイレのドアの鍵もきれいになりました。

流しの下に温水器も付け、冬でも暖かい手で施術できるようになりました。

スピーカーも新しくしましたので音楽もクリアーな音になりました。

きれいな空気、温かい手、澄んだ音楽でまた治療に励んでいきます!

 

内装工事.2

 

ゴールデンウイークは内装工事のため、4/29~5/6迄お休み致します。

長い休みで迷惑をおかけしますが、すっかりきれいになって再出発します。

給湯器も付けますので冬でも温かい手で施術できる様になります。

今は少しづつ治療室を片付け始めています。

春先から3ヶ月あまりの試行錯誤が形になります。できあがりが楽しみです。

 

内装工事計画

石川町から関内の治療院に移ってから16年。今度のゴールデンウイークに内装工事を計画しています。最初は適当に壁紙と床材を変えたら良いかな、と思っていました。でも最近内装を変えたという仲間の先生方の治療室を見せてもらってから考え方が変わりました。最近の若い先生達はセンスが良いですね。僕も綺麗なビニール張って喜んでいる場合ではない、とはたと気づきました。

今日はリクシル、東リのショールームを回り壁材、床材を見てきました。
壁はエコカラットという陶器?のようなタイルを貼ろうかと思っています。空気が綺麗になり、臭いも取るようです。床は50年間ワックスフリーという優れものです。目立つ場所にはパイン材を張り、その他の壁は珪藻土で臭いを取り、棚の類も極力備え付けを作ってもらい、今以上に居心地の良い空間作りを目指します。

15年前に石川町から関内へ引っ越してきました。交通も便利でとても良い所なのですが、ビルが古いせいか時々臭いが気になります。一時は空気清浄機なども置いてみたのですがあまり効果的ではありませんでした。患者様は気にならないと仰るのですが・・・・

今回のリフォームを機に内装材を工夫することで臭いや空気の問題を解決したいと思っています。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年も心を込めて良い治療を行っていきます。

宜しくお願い致します。

毎年年の初めには年賀状が来るのが楽しみです。

いまやIT全盛で気軽にメールやSNSのやりとりを行っているのですが、やはり年賀状だけは出さないとお正月が来ない様な気がしてせっせと出しています。

友人達はどうかな?と思うと今年もまたいつもも顔ぶれから律儀な賀状が来ています。

ご家族の写真が添えてあり、何か一言書いているとやはり楽しく感じます。

ここすうねんは70枚ほどで推移しています。

こうした習慣もいずれ廃れていくとは思いますが、昭和生まれの我々は今しばらくは年賀状のやりとりを続けそうな気配です。

亡くなった父は100枚近くあった年賀状が退職と同時に激減し、郷里の親類、古い友人達だけになっていきました。

自分はこうした自営業ですのでそんなにがくんと少なくなるとは思いませんがいずれ年をとったら徐々に減っていくだろうとは思っています。

今は漢方鍼医会でも副会長と言うことで運営の要です。あと10年ほどは色々お役目を果たさなければ行けないだろうな、とぼんやり考えています。

泉堂会・2013

拙宅にて泉堂会開きました。

今年はスタッフに加えて市川美紀さんが来てくれました。

晴天に恵まれ、外でやろうかと用意していたのですが、午後から風が強くなりいつものリビングでゆっくり飲みました。

市川さん犬2匹に亀まで飼っているそうです。

彼女は当院を退職した後はケアーマネージャーの資格を取り、担当地区を持ってケアーマネージャーとして働いてきました。

お話を聞いてみると内科のドクターなども、往診の患者様を紹介してもらうためにケアマネ―ジャーの事務所に出入りして飲み会の企画などをして接待するそうです。

知り合いのドクターの話を聞いても横浜でも多くの内科の開業医が営業不振に陥って診療所を閉めたり、他の先生に貸して自分は休んだりしているそうです。

医療の世界もいつの間にかすっかり様変わりして来ました。

10年前には考えられなかった程の大きな変化が起こっています。

保険一辺倒ではドクターも仕事ができなくなっているのです。

国の保険財政が厳しくなり今後益々厳しくなっていくことが見えている以上、避けられない変化だと思います。

その中での鍼灸師の立ち位置。治療のあり方も否応なく変わっていくのではないかと感じています。