心の治療の実際・19「心の治療雑感 :経脈の流注の方向」

本日述べた心心包の病の類型はいくつかありますが、煎じ詰めればすべてこう
した陽気の循環障害である、とも言えるわけです。こうして相火論から説き起こ
してみれば、心の治療が無いのはおかしい、というより、是非、心、心包の治療
を行って、この天然の陽気循環理論を治療に応用したいという気持ちになってき
ます。
(5) 経脈の流注の方向
「なかなか心の適応を見いだせない」という話をよく聞きます。経を軽擦しで
も脈が良い変化をしないのであれば、そう思うのも無理はありません。心という
よりは肺虚も含めて手の陰経が主証になることが極端に少ないのであれば、流注
の方向に関する以下の様な意見も知っておいて良いかと思います。
我々が学校で習う経脈の知識は、元代の滑寿が書いた本『十四経発揮Jに基づ
いた十二経絡循環理論に沿った説明になっています。その為手、陰経は遠心的に
流れており、足の陰経は求心的に流れています。
しかし、『素問jr霊枢』を始めとした原典の諸編では必ずしも十二経脈は巡航
していません。例えば『霊枢』邪客編、根結編、衛気編、五輪穴論等の諸編では
手の陰経は求心的に流れています。原典全体を眺めても手の陰経は遠心的に流れるより求心的に流れているとする文章の方が多いぐらいである、と内経学会の先生も言っています。
この問題はテキスト作成の際に話題になりました。馬王堆文書でも手の陰経は
求心的に流れています。例会の実技の際、実際に皆で求心、遠心の両方を軽擦し
てみたこともありますが、はっきりとした結論は出ませんでした。
私は今でも手の陰経が求心性なのか遠心性なのか、そもそもすべての人は経絡
は皆一様に流れているのか、確信を持てないままでいます。しかし、こうした問
題がある以上、軽擦の方向には慎重です。あまり軽擦を熱心にやっていると逆流
で乱れてしまう場合もあるかと思っています。「これはどうか」という時は軽擦
して、良くない時は求心的に流してみるか、軽擦をせずにいきなり経穴を触って
みると思いがけず良い反応をする場合もあります。肺虚も同じ理屈です。肺虚証
は色々な場面で現れるとても使い勝手の良い証だと思います。こうしたことを知
らないと肺虚も心虚も出番が少なくなり、極端に言えば足の3陰経を主証とする
治療が多くなる可能性もあるかもしれません。

 

「黄帝岐伯に説いて日く、余願わくば聞かん、(中略)脈の屈折、出入の処、駕くに
至りて出で、駕くに至りて止まり」(『霊枢』邪客編)

2016年5月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

心の治療の実際・11「パニック障害治験」

中医学では肝腎不足。肝牌不和、肝胆湿熱、心腎不交、心牌両虚、心胆気虚といっ
た弁証が見られます。パニック障害は大変複雑な病気で、このなかから患者の病症に
合わせてその時々で効果的な証を探りながら治療する、ということ。
池田先生流に言えば人には腎の「引き締める力」というものがあってこれが人の精
神を丹田に収めて安心感の源になっています。驚きや恐怖と言った腎に作用する感情

が急激に起きた場合、一時的に腎の引き締める力の制約が放たれてしまいます。そう
すると普段は上がってこない熱が一気に上がってきて喉元をっき動停、胸苦しさ、胸
痛を起こすと言う病理です。
池田先生も『古典の学び方』の中で書かれているように、基本的には腎虚証であり
まず腎を補い、その引き締める力を促すべきですが、動倖や胸苦しさ急な発汗等の病
証からみて心の治療をするべき局面があると考えています。
【症例4】
患者:30 代女性
主訴:パニック障害
(望診)
色白で血色薄く、やや太り気味。
(問診)
1月はじめに胸部の痛みが起き、「もしかして悪い病気ではないか」との疑念から
不安感が強くなってきた。胸の痛みは小康を得たにもかかわらず動惇、深い緊張、発
作的な息苦しさが発症した。さらに眠りが浅くなり、途中覚醒が頻繁であり熟睡感が
ない。
もともと心配性な所はあったと思うが、このようにそれが何日も続き、息苦しさま
で出てくるのは全く初めての体験とのこと。動俸は以前からも時々はあったが今ほど
頻繁であったことはない。(一日何十回もドンと来る感じ。全く次元の違う激しい動悸)
病院では不安障害、パニック障害などと診断されデ、パスなどの安定剤を処方されて
いる。しかし服用によって胃院部の痛みなどの胃腸障害も発症し、いまは頓服的な使
用に備えて携帯している程度である。
(脈証)
やや浮、遅数は平、脈幅は小さく、左手尺中虚。
(腹証)
腹は冷たく、白く、津液の停滞多くぶょっとしている下腹腎の見所は虚。
(治療)
腎虚証と見て右腎経復溜に衛気の手法。さらに左足三里に衛気の手法。治療後、脈
が中位に落ち着きやや脈幅も増したようだった。(病症から言えば心実かとも思いま
したが脈幅が小さく荒々しい感じでもなく、虚脈に感じました。腹証も顕著な熱感は
なく、むしろ冷たい感じがしましたので、心実とまでは言えない、腎虚にて治まる弱
いパニックかと思いました。池田先生の本では奔豚気の治療は腎経復溜が良し、との
記述があり影響されています。)
背中への知熱灸と失眠穴へ5壮ずつ施灸。

2016年3月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

心の治療の実際・8「アトピーの女性の治験」

来院時は全身の痔みは元より、しばしば痛みを感じる。ひどい時は風が吹いても痛
い、洋服がこすれでも痛い。そのためソファーから立ち上がることさえ苦痛。痛みが
少なくなるまで体が固まってしまうこともしばしばあり、苦痛から逃れるため過食症
となっているとのこと。外から見ると無表情にして呆然とし、言葉はポツポツとしか
語らない。痛みの苦しみ、病気への怒り、将来への不安、充分に世話をしてあげられ
ない子供と夫への罪悪感が心の中で渦巻き、心が壊れそうであったとは、一年以上
経ってから聞いた、当時の心境でありました。

(脈証)
浮、やや数、左手関上弦脈。
(腹証)
皮膚が薄く所々皮膚が破れ、血と膿が惨んでいる。触れると臓の周囲が堅く、大腹
も筋張っている。大腹から胸にかけて強く熱感あり。
(治療)
肝虚陰虚証と見て肝経栄火穴行問、腎経栄火穴然谷に営気の手法。浮いた脈が中位
に収まり、穏やかになった。
両手三里と肝台、腎命穴へ知熱灸。
(経過)
. 7/1 9 (第2診)
術後、夜は久しぶりによく寝られたとのこと。肌の方は血膿の出方が減少し、
痛みが緩和した様だとのこと。脈状は前回よりやや落ち着いた様に見えるがまだ
まだ浮数である。前回と同様の肝虚陰虚証の治療を行う。
-第2診以降
肝虚陰虚の治療が続く。標治法も変化はない。皮膚の出血は数回で止まり、痛
みが引き、肌の赤みも徐々に引いていった。カノレテによると8月13日の第5診の

際に「過食が止まってきた」というコメントが見える。苦しさから逃れるための
過食をしなくなってきた。それだけ苦痛が減少してきたという事の様でした。
まるで赤いTシャツを着ていた様だと思われた肌の色も普通のアトピーの色に
なり、そしてさらに肌色も垣間見える様になっていきました。最初は押し黙り、
呆然としていた様子だったのが、徐々におしゃべりをする様になっていきまし
た。
その後は週に一回の定期的な治療を継続していきました。「もうすっかり良く
なった、そろそろ健康法かな」と思っていたのですが、平成24 年に入ると徐々に
体調が崩れます。
最初は2月上旬生理前2日にわたって体調が悪化した、との報告がありまし
た。皮膚の炎症と庫みの再発と精神のうつ状態の悪化とのことでしたが、生理が
来ると同時に消失したそうです。しかし、生理後また症状が悪化しはじめまし
た。
私はここまでの経過の良さに引きずられ「まあ何とかなるだろう」と肝虚証の
まま、単一主証にしたりツボを五行穴の範囲で動かしたりという試行錯誤をしば
らく繰り返してしまいました。そして気がつくといつしか来院時の様に赤い顔で
無口な状態に戻ってしまっていました。

2016年2月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

心の治療の実際・4「呼吸器疾患」

2 .呼吸器疾患
昨年読んだ『誠灸緊英Jの中には、心の病症として各種呼吸器疾患の名前が頻繁に
挙げられていました。心と呼吸器病の関係について考えてみます。
まず『素間』の咳論篇では五臓六附の咳が述〆られており、その中には「心咳」に
関する記述もあります。
「黄帝聞いて日く、肺の人をして咳せしむるは、何ぞや。岐伯対えて日く、玉蔵六府
は皆人をして咳せしむ。独り肺のみに非ざるなり。帝日く、顧わくは其の状を聞か
ん。岐伯日く(中略) 心咳の状は、咳すれば則ち心痛み、喉中介介として梗状
(こうじよう:っかえてふさがる。)の如く、甚だしければ則ち咽腫れ喉痩す。」
心咳の症状は、咳をすると胸が痛み、咽喉になにかが詰まったような感じがあり、
甚だしいときには咽喉が腫れて閉塞します。そもそも古典の理論から見ても心の咳が
あっても全く不思議ではないわけです。
また、呼吸器の代表である肺と心の関係についても考えてみます。漢方医学的には
共に隔上に位置し三焦論で言えば上焦をなしている臓器です。上焦の病の特徴は熱で
す。この二つの臓器は共に熱が滞りやすい臓器であり、その熱を如何に速やかに処置
して臓器を爽やかな状態に戻すかが治療の鍵になる場合が多いと言えます。
解剖学的にみても、心臓と肺臓は共に胸部に位置し、一つの心臓は二つの肺と幾重
にも太い血管で結ぼれています。すなわち二本の肺動脈と四本の肺静脈です。合計六
本の太い血管によって結びついており、形状的にはこの二つの臓器は他臓器にはない
格別密接な関係が有るわけです。生理的にも肺臓は全身の血液を集めてガス交換をする臓器です
が、その血液を全身に力強く巡らす力は心臓の拍動によるモノです。その為、心臓と肺は幾重にも太い血管を繋いでいるわけです。
病理的にも密接な関係にあります。例えば「心肺停止」という言葉が有ります。「心肺停止とは心
臓と呼吸が共に止まった状態のことです。心臓の動きが先に止まる場合と、肺の動き(呼吸)が先に止まる場合とがあるが、いずれの場合でも放置しておけば必ず両者は合併し「心肺停止状態」となりま
す。しかし、蘇生の可能性が残されているため死亡状態ではありません。脳に血が行
かなくなるため手遅れになると、たとえ命は助かつても脳死状態になる危険があるの
で、この状態に陥った患者に対しては、人工呼吸や心臓マッサージなど迅速な救命措
置が必要です。(wiki)J
このように心臓と肺臓は常に協調して動き続け、止まる時も相前後して止まるとい
う生理的にも病理的にも非常に密接な関係にあるということがわかります。こうして
見てみると主に肺の障害である呼吸疾患に心、心包の経穴が用いられるのも理解できる道理です。
それでは今回呼吸器疾患に、心、心包を主症として用いたケースを検討していきます。

 

2016年1月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

心虚証の研究・6「心虚陽虚証」

3.心・心包の病証と治療

心には「血脈を主る」「神志を司る」等の生理作用があります。血液を推動して脈中に運行させ、身体各部を滋養することは正に心臓の生理作用を代表するものです。血脈を主る機能は心気の作用により行われていますので、心気が旺盛であれば血液は豊かに循環し、血中の栄養物質は各臓腑・組織器官に運ばれます。逆に心気が虚弱になれば血液の推動が弱まるために、各種の循環器障害の症状を引き起こす事になります。薬方の世界でも心の治療と弁証の多くが循環器病を対象としているのはこういった事情によるものです。
とはいえ、心の治療が心臓を中心とした循環器系の治療に限定されて用いられるという訳ではありません。心気の神志を司る機能とは、即ち精神を明晰で健全な状態に保つ働きのことです。難経四十九難に「憂愁思慮(ユウシュウシリョ)すれば心を傷る」、霊枢邪気臓腑病形論篇に「愁憂恐懼すれば則ち心を傷る。」とあるように、憂いや恐れで心労が募ると心気が弱まり、神志を正常に保つことができなくなります。その結果、精神抑鬱、心情不活発となり、不眠、多夢、健忘といった各種の神経症状の出現をみることになります。そういった意味で心気の虚が引き起こす病は意外なほどに裾野が広く、現代的なストレス病に対しても広く適応できる治療になる可能性があると言うことができます。

(1)心虚陽虚証
①病理
心虚陽虚とは生来の体質虚弱、老齢や長期間に亘る慢性病といった土台に加えて憂愁思慮等の内傷が加わって心の精気が虚損し、冷えを伴った心気の機能低下の症状が出現したものです。心気が不足して胸中の宗気の推動機能が低下するために呼吸が浅く、胸悶、息切れ、不整脈があり、時に活動時に悪化します。また神志を司る働きが盛んではないため思考力、判断力の低下、悲しみやすい、浅眠等も出現します。 心の病理で特徴的なのは外邪の影響によるものがほとんど無いことです。霊枢・邪客篇に「心なる者は、五蔵六府の大主なり、精神の舎《やど》る所なり。其の蔵堅固にして、邪容《…い》る能わざるなり。」とある通りです。その為病因に関しては素因と内因のみを考慮するのが一般的です。他の臓器からの病の伝変はあります。久病や病後の養生が良くないと多汗、嘔吐、下痢、出血などにより気血が損傷し、心陽が犯される事によるものです。

脉診:細弱、血脈が障害すれば細ショクとなり、時に結脈となります。左手寸口虚。
腹診:腹部全体がざらつき、冷感があり、自汗が見られます。心窩部心の見所は軟弱です。

2015年11月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

心虚証の研究・3「反証と疑問」

2.反証と疑問

同じ文章を読んでも皆が同じ解釈をするわけではありません。まして医学古典の解釈は古来多様であり、経絡治療界の解釈が古典医学の世界で必ずしも常識となっている訳ではないようです。

・まず古典の他の部分を読んでみるとどうでしょうか?
「霊枢・本神篇」には「心は脈を蔵し、脈は神を舎す。心気虚すれば則ち悲しみ、実すれば則ち笑いて休《や》まず、」とありますから、此に従えば、「心気虚」の存在はみとめられことになりますし、その中身もすぐに生き死にに直結する訳でもなさそうです。

次に難経です。難経は言うまでもなく、陰陽五行論に基づいた鍼灸治療の手引き書ですが、読んで気がつくことは、邪の変動や治療パターンの説明の際、心を例にとって説明していることが多いということです。

《十の難》一脉十変。「十の難に曰く、一脉十変をな為すは何の謂ぞや。~仮令ば(たとえば)、心脉急甚なる者は肝邪、心を干(オカ)すなり。心脉微急なる者は胆邪、小腸を干すなり。心脉大甚なる者は心邪、自ら心を干すなり・・・・」

その他四十九,五十,五十三,七十九難に同様の用い方が見られます。
一体に難経において五臓を羅列すら際多くは「肝心脾肺腎」が用いられています。(十六,三十四,四十,五十六、七十四難)
例外的に肺心脾肝腎(十四難)、肺肝脾心腎(三十七難)、肺心肝脾腎少陰(六十六難)と言う順番もあります。
いずれにしても心が一番最初にやってくるわけではありません。
そうであるなら、邪の伝変や治療パターンの説明に際して必ずと言っていいほどにわざわざ心を持ってくると言うことは何らかの恣意的なものがあるのではないでしょうか?
それが何であるかは分かりませんが、少なくともこうした記述の仕方を見ていると、古代の鍼灸家達が心のみを治療の対象から外すような解釈をしていたとは考えにくいように思えます。

・翻って中医学の教科書を見るとどうでしょうか?中医学の教科書は1960年代以後まとめられたものであるとはいえ、その中身は中国医学2000年の歴史を総括したものであり、主要な歴代医家の意見を俯瞰的に眺めることができると意味では大変便利なものです。
東洋学術出版の「中医学の基礎」では心病弁証の項で九つもの弁証があげられています。
(1)心気虚証 (2)心陽虚証 (3)心陽暴脱証 (4)心血虚証 (5)心陰虚証 (6)心火こう盛 (7)心血悪阻証 (8)痰迷心竅証 (9)痰心憂心証
ちなみに九つと言う弁証の数は五臓の中で最も多いものです。

臓腑相関弁証(多臓器との関連病症)の項では4つ。
(1)心腎不交証 (2)心脾両虚証 (3)心腎陽虚証 (4)心肺虚証

更に中医学の治療を述べた本では心病弁証は循環器疾患で広く使われている他に、うつ病やより重度の精神科疾患、不眠症、難聴等のストレス性の病気にも使われています。
こうしてみると古代から近世に至る歴代医家達も心を他の四臓と同じように弁証と治療の対象として扱ってきたことがわかります。

 

日本伝統鍼灸学会

船堀で行われた伝統鍼灸学会へ出席してきました。

ここ数年この学会では「日本鍼灸の確立」というテーマを掲げてその路線に沿った発表が多くなされています。江戸時代の鍼灸はどうであったか、という発表が多く医学史学会のような内容にも見えます。

それはそれでよいのですが、江戸時代の鍼灸は難経や五行説にさほどの重点を置いてはおらず、難経を信頼すべきテキストとして陰陽五行論に基づく選経、選穴を展開する本会としてはやや腑におちない展開だと感じざるを得ません。この江戸時代鍼灸の掘り起こし、どうも中医学による学校テキスト統一などに対する日本鍼灸のアンチ的な流れのようなのです。さてどうなることかと、人ごとのように考えていました。

ところで最近知ったのですが「医学史」や「文化史」の分野の学者達が鍼灸を研究の対象とする流れがあるようで、毎回必ずそうした大学の先生達の発表があります。

それはそれで我々鍼灸師とはひと味もふた味も違っててなかなか面白い話が聞くことができています。

そうした先生達を漢方鍼医会としても外来講師としてお呼びする機会もありそうです。

2015年10月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : izumido

六気の治療要約.1

 

鈴木先生 六気の治療要約

 

総論:一年を六気にわけたうえで、各気における五臓の盛衰に応じた病症の理解にたって鍼灸治療を展開して行くものです。六気の治療の出典は難経七難、素問第七十一六元正紀大論篇等です。こうした諸編を読むと古来から六気の鍼灸治療が行われていたことが読み取れます。

 

出典例

「其の気、何月を以て各々王すること幾日ぞや。然るなり、冬至の後、甲子を得て少陽王す、復た甲子を得て陽明王す、復た甲子を得て太陽王す、復た甲子を得て太陰王す、復た甲子を得て少陰王す、復た甲子を得て厥陰王す、王すること各々六十日、六六三百六十日を以て一歳と為す、此れ三陽三陰の旺日の大要なり。」:難経七難

 

「初の気は、地気遷(ウツ)りて・・・ 二の気は、陽すなわち布(シ)き・・・三の気は・・涼すなわち行り、・・・ 四の気は、寒雨降り、痛めば暴(ニワカ)に仆(タオ)れ・・五の気は、春令反(カエ)って行り、草すなわち生栄し、 ・・・終の気は・・・」

:素問第七十一

 

「診病の始め、五決を紀となす。其の始めを知らんと欲すれば、先ず其の母を建つ。いわゆる五決なる者は、五脈なり。・・・「建」とは、建立する、あるいは確立するという意味。「母」とは、そのときに対応する旺気のことをいう。「先ず其の母を建つ」とは、先ず確実にそのときに対応する旺気を知って、その後に邪正の気を求めてゆくことを意味する。(林億註)」:素問五臓生成論第十

 

「初之気 大寒より立春・・太敦を刺す   二之気 春分より小満・・少衝を刺す

三之気 小満より大暑・・        四之気 大暑より秋分・・少商を刺す

五の気 秋分より小雪・・少商を刺す   終之気 小雪より大寒・・湧泉を刺す」

:儒門事親巻之10

 

旺している臓の井穴を瀉す。:儒門事親

本来は陽経から邪を瀉すという原則に従って各陰臓の陽経を使っていましたが、八木先生が「儒門事親巻の10」の六気の治療に関する記述に気づいて以来、陰経の井穴を用いているそうです。しかしそれがうまくいかない時は陽経の井穴を用いる場合もあります。

その判断としては「臓病であるか腑病であるか」という病症判断も用いることがあります。

 

2.表す病症に応じて旺相死囚休いずれかの治療をします。

陽経には当気に応じ(初之気であれば井穴)陰経はその子の穴を取ります。(初之気であれば栄穴)を基本にしますが、病症に応じて柔軟に取穴を変えていく事もあります。

死を取ることは比較的少ないようです。(すべて瀉法)

休の位置・標準穴

初之気(木邪) 至陰(膀胱井穴) 然谷(腎経栄穴)
二之気(火邪) 侠渓(胆経栄穴) 太衝(肝経兪穴)
三之気(火邪) 侠渓(胆経栄穴) 太衝(肝経兪穴)
四之気(土邪) 後溪(小腸兪穴) 霊道(心経経穴)
五之気(金邪) 解渓(胃経経穴) 陰陵泉(脾経合穴)
終之気(水邪) 曲池(大腸合穴) 少商(肺経井穴)

・病症に応じる配穴:「六十八難の五輸穴の主治症」を各臓が変動した時の代表的な病症であると拡大解釈し、柔軟に応用します。つまり肝の病症であれば井穴、心の病症であれば栄穴、脾の病症は兪穴、肺の病証は経穴、腎の病症は合穴・・といった具合です。

(追加:さらに言えばどの経絡の井穴を使っても肝胆大腸経に影響を及ぼすとの考えです。以下栄穴は心小腸膀胱、兪穴は脾胃胆経、経穴は肺大腸小腸、合穴は腎膀胱胃経に、という具合です。これらを総合勘案して選穴すれば、より少ない配穴でより高い効果が得られると考えているとのことです。)

こうした配穴は以下の積の治療においても同様です。六気の理論に応じた標準穴と病症に応じた五輸穴の使い分け、これが鈴木先生の配穴の二本柱です。