がん治療のサポート


・概要・・今や日本人も2人に1人は生涯に一度はガンに罹ると言われるようになってきました。一般的にガンの治療は外科手術、抗がん剤の服用、放射線治療を組み合わせて行われています。以前はガンと言えば不治の病、というイメージがありましたが、今では早期発見、早期治療の徹底や治療法の進歩によって、治る病気、治らないながらもうまくつきあっていける病気というイメージになって来たといわれています。

 西洋医学の治療はいわば攻撃的治療であり、ガンを除去し、痛めつけ、弱らせる治療です。その為患者さんのお体も攻撃を受けて弱ってしまいます。免疫系統がダメージを受けて白血球の数値が落ちてしまう。血液の循環が悪くなって手足に気持ちの悪いマヒやしびれが出現する。自律神経の働きが悪くなって悪心、嘔吐、食欲減退等の胃腸症状が出てきます。

 西洋医学の病院ではこうした点は「副作用だから仕方がない」とされ、医師に訴えてもきちんとした対処をしてもらうことは期待できませんでした。しかし今や鍼灸がこうした症状に大変効果がある事が知られるようになってきています。日本よりも欧米の方が先にこうした研究が始まり、多くの肯定的な発表があった結果、今では北米の鍼灸院の多くがガン治療のサポートを手がけるようになっています。当院でもいち早くこの分野に注目し、既にがん治療のサポートの分野で多くの実績を重ねています。

 ・治療
1,血液検査数値の改善
 鍼灸の治療で白血球の数を増やすことができます。化学療法の際には抗がん剤が免疫系を痛めるので白血球の数が減少しがちですが、白血球が少なすぎると危険な状態になりますので、治療は一旦中止になります。それでは困るので白血球の数値を改善し正常値の範囲まで引き上げる目的で鍼灸の治療を受ける方が増えています。(正常値:350010000μl

 鍼灸が人体の免疫力を強化して血液像の改善に大きな効果があることは欧米でも数々の研究によって証明されており、ガンの専門医でも鍼灸治療を勧めるケースが多くなっています。当院の卒業生に現在カナダで開業している者がいるのですが、聞くと治療院で一番多い疾患は「ガン患者のサポート、中でも白血球の改善」だそうです。そのぐらい欧米でも一般的な選択肢になりつつあります。

 2,ガン治療の副作用の改善
 抗ガン剤や放射線治療の副作用には吐き気、嘔吐や食欲不振や便秘、さらには全身の激しい倦怠感、不眠、食欲不振、気持ちの落ち込み等があります。前向きに闘病生活を送って免疫を上げていきたいところなのに、こうした副作用に苦しんでいる方が本当に多くおられます。しかし私の今までの臨床経験から言ってもこうした副作用の緩和には鍼灸が大変有効です。鍼灸の主要な作用に自律神経の調節機能の改善と強化が上げられます。ガン治療の副作用に対してもこの働きが強力に作用して患者さんの苦痛を緩和します。

 また痛みの治療は鍼灸が最も得意とする分野ですが、ガンの痛みにたいしてもしばしば効果的です。鍼だけで効果が見られない時はお灸も行います。一般的なお灸で効果が少なければより強力に炎症に対処できる「灸頭針」も行っていきます。 


3.再発の予防
 比較的初期の発見で治療が成功した場合、次の目標は再発の防止です。鍼灸治療は血流の改善、内臓の働きの賦活化、自律神経の調整といった働きを通して免疫の向上に寄与していることが様々な研究によって明らかにされています。ガン再発の防止にも貢献することができていると考えています。当院では鍼灸に加えて併設の漢方薬店において漢方薬の販売も行っていますので、ご希望に応じてお身体に合わせた漢方薬の案内も行っています。

 また生活指導も行っています。病気は多くの場合その人の生活の中に原因があります。同様に健康もまた正しい生活習慣から生まれます。私は良い生活習慣を持つことで誰もが健康な人生を送ることができる、と信じています。30年以上の鍼灸師として生活から学んだ良い生活習慣への知恵で、皆様の健康の維持のお役に立ちます。

 
○当ホームページの「患者様の声」にガン治療のサポートの経験談が載っていますので、是非ご覧になって下さい。