脊柱管狭窄症|横浜 関内の泉堂鍼灸院

     

電話番号

アクセスマップ

  • 横浜市中区万代町2-4-1 東カンマンション307
  • JR「関内駅」・市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」より徒歩3分
  • 代表施術者:厚生労働省認定 鍼灸師 隅田 真徳

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は特に50代以上に発症する中高年の病気とされています。
脊柱の一部に変形が発生し脊椎が圧迫されるために、神経の分布域である足全体に広く痛みとしびれが発生します。特に「間欠性跛行」の症状が特徴的で一定の距離を歩くと痛みとしびれがひどくなり、歩行を続けられず立ち止り、しばし休んでから又歩き出す、という状態になります。この病気の進行期には歩く距離が次第に短くなり、痛みがますます増していくという辛い状態になります。

脊柱管狭窄症の3つのタイプ

病院における脊柱管狭窄症の診断・治療法

泉堂鍼灸院における脊柱管狭窄症治療「脊柱通気法」

症状別に見る一覧へ戻る

院情報

施術時間情報

サイトメニュー

  • はじめての方へ
  • 料金・アクセス
  • 症状別に見る
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • 求人
  • 求人
  • スタッフブログ

最新情報カテゴリ

page_top