三叉神経痛|横浜 関内の泉堂鍼灸院

     

電話番号

アクセスマップ

  • 横浜市中区万代町2-4-1 東カンマンション307
  • JR「関内駅」・市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」より徒歩3分
  • 代表施術者:厚生労働省認定 鍼灸師 隅田 真徳

三叉神経痛

三叉神経痛

  • 【氏名】 ひこざえもん様
  • 【性別】 男性
  • 【年齢】 81

頂戴した声

○どの様な症状でご来院されましたか?

10数年前に顔の右側の口、鼻、目、額に激痛が走り、眼科、耳鼻科等を受診しました。結果は異常がなく、その時耳鼻科の先生の紹介である病院を訪ねました。色々な検査をして三叉神経痛と診断され、「治療としては手術、投薬がありますが、手術は後遺症などの危険性が有り、あまり勧められないので薬で行きましょう。」と言われ今日に至ります。その後定期的に検診に出かけています。その間に痛みの出ない時期も有り、薬を減らしたり中止した時もありました。日常の生活はごく普通に過ごしていました。

ところが今年(平成30年2月)風邪をひきそれが原因かは解りませんが、三叉神経痛の激痛が出て食事も会話も出来ない状態になりました。病院に行っても薬の量が多くなるだけで、何とかしなくてはとパソコンで調べましたが治療方法は何処も同じでした。

そこに東洋医学という文字にひかれ「これは」と思い調べました。色々ある中で「泉堂はり灸院」を見てここならばと思い電話をかけてから伺いました。(激痛とひと口にいっても色々ありますが私の場合は口、鼻、目、ほほ、額等顔の右側で電気が走ったようで額では波のように痙攣したような感じです。)

 

○治療の経過や感想など等自由にお書き下さい

はり灸は経験がなく、内心はどんなものかと思いつつ何とか痛みが減軽に向かえばと願いながら治療を受けることにしました。顔にはりを刺すのかなんて素人考えで思っていましたが、そうではなく体全体を見て治療を始められました。背中,腹、足、手、首、頭、耳、などを治療されていたんですね。たしか3回目の治療後から口の痛みが軽くなり、食事が少しずつ食べられるようになり嬉しかったですね。治療を受けた帰りなど、体が軽く感じたり怠く感じる時もありますがこれも治療の効果のひとつだと思います。また治療中に、痛みが消える時など魔法にかけられたような錯覚さえ感じました。また治療を受けた翌日は痛みが減軽、その翌日に激痛が出たりしましたが治療を重ねるごとに痛みが軽くなってくるのが嬉しかったですね。治療をはじめて1カ月になりますが口周りと目の痛みはほとんど感じません。他の部分の痛みはまだありますが電気が走ったり痙攣のような激痛はありません。気持ちが軽くなり、ただただ先生に感謝です。もう少し治療を続ければ痛みも消えてくるのではと思います。

現在も病院の定期健診も受けてはり灸治療の話は先生に伝えてありますが、これも良い方法のひとつではと言っておりました。ただ今後、病院の場合は薬で痛みの調節をし、持病として付き合わなければと思います。

はり灸院の先生には話しておりませんが、痛みが消えても何時再発するか心配です。そういう意味で痛みが消えたら今後の事を先生に相談してみたい。いずれにせよ激しい痛みがこんなに早く軽くなり、感謝しています。

今年は遠出などの外出を控えておりますが、この分だと夏あたりから外出も可能ではと思うようになりました。

まだまだ治療を続けなければと思います、先生どうぞ宜しくお願いいたします。

 

2018/07/05

     

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。

患者様の声一覧へ戻る

院情報

施術時間情報

サイトメニュー

  • はじめての方へ
  • 料金・アクセス
  • 症状別に見る
  • 患者様の声
  • スタッフ紹介
  • 求人
  • 求人
  • スタッフブログ

最新情報カテゴリ

page_top