漢方鍼医会の脈診06

dscn0095

ー医道の日本投稿 「漢方鍼医会の脈診」:平成28年9月号よりー

Ⅴ.結語

脈診上達への道は古典への信頼の上に築かれるとされる。それは難経の時代にある種完成された鍼灸術があり、脈診を極めることでその頂きへ誘われていくのだ、というストーリーへの信頼である。逆に疑い多く信念不確かな態度で学習を続けても上達することは難しいのではないか。本会の中ではその様に語られることが多い。

しかし一方で会としては常に初学者へわかりやすい教え方を工夫し、決して名人にならなければ役に立たない技術ではない事を教え励ましていくことが肝要であると考えている。

例えばこれらの脈診法は全てをマスターしなければ全く用を足さないというものでは無く、脈診というものをいくつかの切り口に分けて解説をしているものであるから、理解出来た切り口から臨床に用いれば良いのである。

本会の研究会の際にはそれぞれの脈診に関して知識を整理したり、また細かい分析を試みたりして意識の中に各種脈診を際だたせるわけだが、治療室の診察においてはまずは無心に六部を診て瞬間的に最も印象に残る点、違和感を与える点を感じ取り「右手寸口が沈んでいるな」「左手関上の弦脈の固さは相当なものだ」「夏の暑いさなかに駅から歩いてきてこんなに脈全体が沈んでいるとは・・」といった具合に受け止めて、その一点を選経選穴の手がかりとする、そういった応用の仕方から始めて良いのだと指導している。

また検脈の技術は診断としての脈診よりも修得が容易で、治療への応用も理解しやすい。

入会して一年も経てばかなり正確に「脈状が改善したかどうか」を言い当てられるようになる者は多い。改善と認めたならさらに一歩進め、改善が感じられなければ一歩下がって再考する。こうした治療のプロセスを身につけることで、脈診による鍼灸治療という日本独自の鍼灸術を身につけつつあるという実感が湧いて来ることだろう。

東洋医学の気血津液運行のメカニズムは詳細に語れば壮大なストーリーとなるが、診察室のベッドサイドで鍼灸の臨床家が知りたいことは、どこへ鍼先を下ろすべきかという一点に尽きる。本会の場合で言えば選経選穴につながる陰陽と五行の盛衰を伺うことが脈診の目的、と言えるのではないだろうか。

他の診察法との兼ね合いは如何?とのお尋ねだが、もちろん治療全体は望聞問切の四診を総合した判断によることは大前提であり脈診のみによって診断しているわけではない。四診のいずれをどの程度重視して治療を進めるかは治療のケースにもよるし、また会員個人の傾向の違いもあり一概には言いがたい。いずれにしても六部定位脈診による診断は要であるし、又選経選穴から一本の鍼を施術する全ての段階において検脈を行い評価しつつ治療を進めるという手順は全会員に共通している。

また本会の特徴は何か?という点だが、意外と答えにくい質問と感じつつ筆を進めてきた。残念ながら私自身は他の会の先生方とは限られた範囲の交流しか持ってこなかったので、何が本会だけの特徴であるかがよくわからない。

難経に基礎を置く五臓脈診などは経絡治療諸派で広く行われている可能性がある。難経五難に基づく菽法脈診はあまり注目されていないのではないか。検脈に関しても行っている会はあると思うが腹診や肩上部等にも観察の対象を拡大して行っている会は少ないのではないかと思う。

 

運営面で言えば本会の特徴は「流祖無き会」として絶対的な権威を持った人物がいないことである。また会則で「学術を固定化せず」「互いに臨床家としての人格を尊重すること」を掲げているが、それが常に前進し変化することを良しとする気風、研究を発表しあって互いから学び会うことを喜びとする独特の雰囲気を生んでいる。

こうした脈診技術も良い発見があれば発表され、多くの会員が認めればやがてテキストにも掲載されていく。こうしたシステムがあること自体が本会の個性ではないかと自負している。