脊髄動静脈瘻と鍼灸

30代女性「 脊髄動静脈瘻」という病気で2月から通院なさっています。

この病気は血管の奇形により動脈と静脈が直接つながっている状態になっています。

発生した部位によって出現する症状は様々ですが、この方は腰椎付近が病巣のため臀部から下肢にかけての痛みと足の指の麻痺が出現しています。

痛みはかなりひどくて毎日2回づつ痛み止めを服用しないと生活できない状況でした。

治療後痛みは改善し、1月ほど前からは痛み止めの服用もやめる事が出来ました。

足先のしびれはまだあるようです。こちらの改善も目指していきます。