禁煙と鍼灸治療

歌手の坂本龍一氏が「中咽頭癌」と発表されています。

6月下旬に判明したとのことですので、まだまだ驚きと不安、混乱が収まっていないなかでの発表かと思います。

「咽頭癌」はちょっと特殊な癌であまり罹患者は多くはありません。

ネット情報ですが日本では年間3000人位の発病だそうです。

喫煙との関連の深さが指摘されており発病者の実に96パーセントが喫煙者だそうです。つまりタバコを吸わなければ日本中で年間100人程度しか発病しません。

実は私の父がこの癌で亡くなっています。やはり喫煙者でした。

父は残念な結果でしたが、坂本氏の回復を願っています。

 

ところでネットで見てみると、坂本氏の「鍼灸で禁煙をした体験記」が出てきました。

ニューヨークで中国人の鍼灸医の施術を受けて10回目に大きな変化を感じてやめることができた。とあります。

中国では僕がいた当時から鍼灸による禁煙治療は盛んでした。針灸科の一つの「定番」であったと言っても良いでしょう。

主には「耳針法」にて禁煙のツボに数カ所粒を張った上で手足、頭部のいくつかの穴に置針をします。

痛みはありません。他の治療と同じで患者さんはグーグー寝てしまう人が多いです。

泉堂でも同様の禁煙治療をやっています。いままで多くの人がこれで禁煙に成功しています。

僕はいつも「最低ワンクール、6回はやってみて下さい」と最初に念を押します。

その位やらないとピンと来ない方が多いからです。

でも坂本氏の例もあるようで、10回位でやっと効果を感じる人もいるのですね。

 

http://openers.jp/culture/sakamoto_uekara/009.html