漢方鍼医会5月例会

中野サンプラザで漢方鍼医会5月例会がありました。

私は午前中入門講座でテキスト第1章「漢方医学の基本概念」を講義しました。

「陰陽論」「五行論」「三才」「剛柔論」「虚実と補瀉」「邪正論と精気神論」「気血津液論」「気の思想」・・

本来は膨大な内容を持つ主題ですが、医学的な側面と本会の中での使われ方に関して簡潔に説明しました。

難しい内容だったと思いますが、受講生一同最後まで熱心に聞き入ってくれました。

どれも簡単な話では無いのですが、僕にとっては「剛柔論」が一番説明が難しいように感じられます。

これは十二支、十干、五行、陰陽がすべて出てくる上にそれが組み合わさって出来ているのでほんとに複雑です。

一部他の先生にも助けて頂きました。

でもこの理論を用いた「剛柔選穴」はとても良く用いられら選穴ですし、良い効果をしばしば現す切れ味の良い治療です。

後々必ず出てきますので、出来るだけ丁寧にわかりやすく教えなければいけません。

例年は40人近い受講生が集まるのですが、今年度は30人足らずでした。少し募集の公告など工夫した方がよいのかもしれない・・・

等とも感じています。