漢方鍼医会の脈診01

dsc_0699

医道の日本投稿 「漢方鍼医会の脈診」:平成28年9月号より

漢方鍼医会会長 隅田真徳

略歴

1963年 福岡県生まれ

1983年 東洋鍼灸専門学校入学

1985年 東京高円寺の巽堂新井はり灸院 へ入門

1986年 東洋鍼灸専門学校卒業

1989年 巽堂を退社

中国の上海中医学院(現 上海中医薬大学)へ3年間留学

1992年 同校卒業。中国から帰国
1993年 横浜市JR石川町駅前に「泉堂はり灸院」開院。同時に漢方鍼医会入会

1999年 横浜市JR関内駅前へ拡張移転

2016年 漢方鍼医会 会長就任

 

 

Ⅰ.脈診総論 本会では長年素問・霊枢・難経といった原典諸篇を教科書として古典に基づく鍼灸治療の構築を目指して学習を行ってきた。今回お尋ねの脈診についてだが我々の行う「漢方鍼治療」の臨床において六部定位脈診は大変重要な位置を占めている。まず精気の盛衰、臓の虚実、邪の種類の鑑別といった診察を通して選経、選穴を決定する手段であり、又自分が行った一つ一つの手技の適否を判断する基準である。大海を征く船乗りにとって港に帰りつくためには各種のナビゲーションが欠かせないように、治療を良い結果に導く一筋の光が脈であり、我々が脈診にこだわる理由はそこにある。本来脈診は膨大な内容を基礎とするものだが、今回はページの都合等有り、簡略的に解説していくこととする。

 

Ⅱ.各種脈診法

1.胃の気脈診

胃の気とは生命を維持する力であり、また生命力そのもののことである。古典にも「胃の気有る者は生き・・胃の気少なきを病という・・胃の気無きを死という」とあるように、まずは患者の生命力の充実具合を観察することで、病の軽重、治療ドーゼの適応、予後の良否等を推し量る。

胃の気豊かな脈とは菽法に適った寸・関・尺三部の並び、穏やかな和緩と艶を帯びた脈状の中に季節への柔軟な適応を感じさせる生き生きとした感じであろう。こうした理想的な状態から遠ざかるほど胃の気が少ないとして判断する。

胃の気の充実は脈診だけで伺いうる事ではない。望診においては顔色や肌の艶、聞診においては声の艶や大小、切診でも皮毛、肌肉の艶と柔軟さは有力な判断の材料であるし、問診においてハキハキとした応答や前向きで積極的な思考があればそれも胃の気の充実として捉えて良いと考える。

実際の治療の流れの中では胃の気が治療開始の時点よりも充実することを基準としてその日の治療終了の目安としたり、本治法で整えた胃の気のある脈状が崩れない程度に標治法を終えるといったドーゼの指標でもあると捉えている。