月経痛と鍼灸治療

「病因が脈に強く反映している時こそ治療の効果が高い」という意味では痛みの治療は総じて痛みが出ている時の方が効果的、と考えることも出来ます。

つまり正しい診断がしやすいということも含めて、症状が出ている時の方が治療に適している時だということになります。

 

女性の患者さんで月経痛の治療なども月経中の痛みが出ている時が効果的な場合は多いと思っています。

初診の方などで「月経中なのだが鍼灸治療を受けても大丈夫だろうか?」というお尋ねが時々ありますが、そういうわけですから、治療を受けて大丈夫です。

月経痛などの症状が有る方であれば、むしろ治療のするのにちょうど良い時期であるともいえます。

そのような時は何とかがんばって痛み止めなどのお薬は服用しないで来院して下さい。

痛み止めは一般的には体の中の生理的働きを抑制する傾向がありますので、鍼灸治療をする時はその効果を抑制する傾向があります。

鍼灸は体の中の各種の反射や生理的な機能を高めることで効果を表していく治療です。

そのような配慮はできるだけなさった方がよいようです。

 

月経痛に関していえば排卵期や月経直前の時期も治療上大切です。

特にPMS(月経前症候群)の方の場合はその時が一番症状がはっきり出ている、という方も多いですから。