モートン病と鍼灸

「モートン病」という病気があります。足の裏が痛くなる病気です。

大抵は足底の先端、指の付け根の骨の高まりが痛くなり、ひどい人は足全体が痛くて歩くのが苦痛になります。

原因はハイヒールの履き過ぎなど靴の問題ではないか等といわれていますが本当のことはよくわかりません。

(ハイヒールを履かない人でも痛むことがありますね)

この症状も鍼灸は良く効きます。腰のバランスを整えて、足底にも適切に施術をすると痛みが改善します。

足底だけ治療しても効果は上がりません。

神経分布から考えても腰部の仙骨付近の緊張も充分に解放する必要があります。

又なぜかはわかりませんが大腿部の脇にある「風市穴」を併用すると効果が上がることに気づき、良く使います。

足が痛む人は大抵の場合ここがかちんかちんになっています。ちょっと触っただけでも痛い、と顔をしかめる方もいます。

ここの緊張も良く取っておくと良いのです。

足底の痛みの原因は意外と上の方にあり、そうした場所にも充分に目配りしながら治療をしてゆく必要があります。